もどる

    かけはし2016.年1月1日号

人権侵害の制度はいらない


12.12

マイナンバーは廃止しろ!集会

ねらいは庶民の徴税強化


労組の取り組み
を強化しよう
 一二月一二日、連合会館で「マイナンバー制度の廃止を求める一二・一二集会 延期させよう!1月利用開始 申請やめよう!個人番号カード 支援しよう!違憲訴訟」集会が行われ、二八〇人が参加した。主催は、共通番号いらないネット、マイナンバー反対連絡会、マイナンバー違憲訴訟東京弁護団の実行委。
 白石孝さん(共通番号いらないネット)が開会あいさつを行い、冒頭、「今日の集会にテレビ局の取材がまったく入っていない。マイナンバー反対の意見をニュースで報道しない姿勢の現れだ。安倍政権とともにメディアもマイナンバー推進の立場だと言える」と批判した。
 さらに「マイナンバー(危ない共通番号)の利用開始が 二〇一六 年一月に迫るなか、番号利用開始の延期と共通番号制度の廃止を求めていこう。個人番号通知が届いているが、その中身は個人番号カードを申請させようと誘導している。この手法は民主主義に反している。番号通知が届き、人々の不安が高まっている。だが個人が孤立した状況でもある。反対運動が間に合っていない。労働組合の取り組みを強化していこう」と訴えた。

違憲訴訟を
支援しよう
瀬川宏弁護士(マイナンバー違憲訴訟東京弁護団)は、「マイナンバー違憲訴訟の論理とは」をテーマに報告した。
「一二月一日、マイナンバー違憲訴訟を東京、仙台、新潟、金沢、大阪の五地裁に提訴した。請求の趣旨は、@原告らのマイナンバーの収集、保存、利用及び提供の禁止。A保存している原告らのマイナンバーの削除。B原告らに対し、各一一万円の慰謝料の支払い。この請求は、憲法一三条で保障されたプライバシー権(自己情報コントロール権)、人格権を侵害されたことを理由として、国に対して、原告らのマイナンバーの利用等の差し止めを求める民事訴訟だ。コンピュータ・ネットワークなどの情報通信技術の進展と、『ビッグデータ』の利活用が推し進められている現代社会におけるプライバシーの保護のあり方を問う裁判だ。マイナンバー違憲訴訟を支援してください」と述べた。
原田富弘さん(共通番号いらないネット)は、「番号利用開始前の状況と今後の運動について」、次のように提起した。
「番号利用開始前の状況は、私たちが指摘してきた問題が現実化した。通知カード配布の遅れ・トラブル。住民票交付のトラブル。マイナンバー口実の詐欺の多発だ。さらに自治体のセキュリティー対策の未整備状況が続いている。つまり見切り発車で強引に進めている。厚労省担当官が汚職で逮捕されたが、IT利権のための推進ではないのかという疑問が浮上している」。
「利用開始後、さらに問題が広がるだろう。取り上げればたくさんあるが、例えば、役所や会社で番号やカードのない人や記入拒否する人に対する不当な圧力が行われる。政府は、個人番号を三カ月で一〇〇〇万枚交付すると言っているが、自治体窓口にたくさんの人々が殺到して窓口が混乱するのは必至だ。DV等の被害者の番号通知カードが加害者宅に届く危険性もある。問題点はたくさんあるが、結局、労働者の税徴収の強化にねらいがある」。
「今後の運動は、@利用開始を延期させ、見直し・凍結・中止・廃止を、さらにアピールしていくことだ。同時にマイナンバー制度の運用監視、制度の定着と利用拡大反対の取り組みを進めていこう。基本的人権の侵害を許さないための措置を自治体と国に求めていこう」。
徳森岳男さん(マイナンバー制度反対連絡会)は、「番号利用開始延期の取り組みについて」(@マイナンバー反対署名〈二万筆到達〉A国会議員要請行動B院内集会開催の予定)を報告した。

延期・見直し
凍結・中止へ!
リレートークでは、全国商工団体連合会、 神奈川県保険医協会、生活と健康を守る会連合会、反五輪の会、ふじしろ政夫千葉県議会議員などから取り組み報告とマイナンバー反対の発言があった。
池内さおり衆議院議員(共産党)は、「視覚障がい者から『点字がないから通知カードが届いても読めない』と抗議が寄せられており、そのことを総務省に伝えると『携帯電話のらくらくホンで聞いて』『音声変換する音声コードを付けた』とか言って、居直っていた。障がい者の実情無視のマイナンバー制度だ。さらに中小零細企業は、マイナンバー対策費で多額な出費が強要されると怒っている。まさにマイナンバー増税だ」と糾弾した。
最後に集会宣言を採択し、政府に対して@運用開始に値する準備が不足している状況に鑑みて二〇一六年一月の共通番号制度運用開始を延期することA個人番号カードの所持を強制するような施策を行わないことB共通番号記入が求められる申告・申請書類に共通番号の記入がなくても受理し、不利益を与えないことを周知徹底することC共通番号制度運用の検証が行われていないのに、利用拡大を法制化しないこと。検証作業の中で制度そのものの廃止も含めて抜本的な見直しを行うこと―を要求していくことを確認した。(Y)

投稿

映画「ルンタ」を観て

チベットでの弾圧を告発

S・М

 「ルンタ」(池谷薫監督作品/2015年/日本映画)を観た。
 「チベットでは中国の圧政に対して自らに火を放ち抵抗を示す“焼身抗議”が後を絶ちません。その数一四一名(二〇一五年三月三日現在)。今も多くの命が失われています。インド北部の町ダラムサラ。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ一四世が暮らすこの町に、三〇年間住み続け、建築家、NGO代表として故郷を失ったチベット人を支援する日本人がいます。中原一博(六二歳)。“ダライ・ラマの建築士”と呼ばれる彼は、日本ではあまり報道されないこの“焼身抗議”をダラムサラからブログで発信し続けています。監督の池谷薫は一九八九年、テレビドキュメンタリーの取材で中原と出会い、四半世紀の準備を重ねて本作を完成させました」(「ルンタ」のチラシより)。
 大場正明(おおば・まさあき)氏(映画評論家)は、いう。「彼らの信仰の根本には利他の心と慈悲の心があり、他人を傷つけず、自分自身を燃えさかる炎に差し出すことは、究極の非暴力による抗議だということだ」(「ルンタ」のパンフレットより)。渡辺一枝(わたなべ・いちえ)氏(作家)は、いう。「中国政府は、焼身を「テロ」と呼ぶ。だが、他の誰をも傷つけず自らに火を放つ行為は、断じて「テロ」ではあるまい」(「ルンタ」のパンフレットより)。「チベット人と長く付き合ってみて、どんなところが好き?」 池谷薫(いけや・かおる)監督が、中原一博(なかはら・かずひろ)氏にそう質問する。中原一博氏は、答える。「明るいところ。いつも冗談ばっかり言ってるしね。あと、ダライ・ラマ法王が言われている慈悲とか仏教的な教えが深く染みわたっているところもいい感じかな。もちろん、いいところばっかりじゃないよ。迷信だらけだしね。ほんともう、どうにかならないのかって思うくらい迷信だらけ(笑)。でも、やっぱり優しくて明るいところがいいんじゃない」(「ルンタ」のパンフレットより)。
 チベット問題やダライ・ラマ氏のことは、勉強不足で私には良く分からない。だが、焼身抗議に何とも感じない中国政府は、ひどいな。そう思った。同時に、私がダライ・ラマ氏の立場だったら、焼身抗議はやめるように、チベットの人びとを説得するだろう。そう思った。拷問や市民のデモに対する発砲などには、いかなる理由があれ、私は反対だ。拷問をおこなったり市民のデモに発砲したりする政権は、「社会主義政権」ではありえない。私は、そう思う。私は、チベットには、沖縄と似ているところがあるような気がする。チベット問題は、パレスチナ問題と似ているところがあるような気がする。チベット問題は、アイヌ民族の問題やアメリカの黒人問題などとも似ているところがあるような気がする。この映画がきっかけになって、一人でも多くの人がチベット解放について関心を持ってくれたらうれしい、と思った。
 (二〇一五年一〇月四日)



もどる

Back