もどる

    

訃報 右島一朗同志が死去

 右島一朗(「かけはし」編集長)が8月8日(推定)、南アルプスの赤石岳ししほね沢(静岡県)で滑落し死亡した。8月11日、午前10時に登山者によって遺体が発見された。8月12日、遺体が回収され、8月13日荼毘にふされた。
 8月13日、午後1時、南アルプスで遭難した右島を東京駅で迎えました。帰省客で混雑するなか、おつれあいに抱えられた白い箱に入り戻ってきました。40名ほどの仲間が出迎えた。
 連れ合いさんは「右島は今まで赤石岳に行きたかったが、行くことができないでいた。こんな結果になってしまったが、その願いがかなえられてよかった」と気丈に語った。

 私とわかれた8月5日に、右島は「これから、憲法改悪阻止決戦に入る。憲法改悪は9条改悪だけでなしに、政治・社会構造全体を“一種”戦前型の天皇を国体とする右翼的・戦争のできる体制として確立しようしている。これを許すかどうかは、今後の階級闘争にとって決定的なメルクマールになる」と強調し、戦闘モードに入っていると高揚しながら語っていた。

 お骨はまだ火葬したばりで、熱く重かった。右島の思いがここにこめられているようであった。
 葬儀は、親族のみで行われるため、私たちにとっては、最後のわかれの場となった。
 葬儀は家族のみの密葬となる。今後については、同盟葬(お分かれ会)は時間をおいて行います。後日ご連絡いたします。その時はよろしく、ご参加ください。これまでの多くの同志・友人のみなさんのご協力に感謝します。(8.14)
 新時代社 まつした    
              

追悼 右島一朗(「かけはし」編集長、高島義一同志) 04.8.8逝去

故右島一朗同志

右島は趣味も多彩であった。彼が模写したゴッホなどの絵。

右島が気に入っていた冬山での自分の写真。

右島はここで様々な論文を執筆した(自宅)

東京駅で、故右島を出迎えた(8月13日、午後1時)



もどる

Back